このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

ブログ

竹下産業のものづくりに対する想いや、柳川市について掲載しています。

採用について

見学・体験について(中途応募の方へ)

ブログのアイキャッチ画像

弊社にご興味をお持ちの転職希望の方は、
職場見学または体験を通じて、弊社のことをしっていただければと思います。
ご希望の方は、下部リンクよりお申し込みよろしくお願いいたします。

【職場見学について】

弊社の生産施設を工程順にまわっていただきます。
スタッフが実際に仕事をしている姿や、職場環境、を直接見学いただきたいと思います。
入社後にイメージとギャップがないよう、お互いのことを知る時間にできれば嬉しいです。

●担当者が仕事内容や職場環境、社内の雰囲気などを説明します!
●ご希望の場合、働くメンバーに質問や雑談もできます。お気軽にどうぞ!

【体験について】

日本の食文化である海苔の生産機械をつくる会社として、
一人でも多くの方に海苔の美味しさについて知ってほしいと思っています。
当日は、海苔の食べ比べ体験なども予定しております。

【説明会】
基本的には代表の竹下が自ら、弊社概要についてお話しさせていただきます。
トップの人柄などを知っていただいたのち、ご希望であれば面談の日程調整をいたします。

お申し込みの流れ

①まずはコチラより、お申し込みよろしくお願いいたします。
お申し込みはコチラから!

②ご登録いただいた電話番号宛に、弊社スタッフより連絡を差し上げます。
 電話にて日程調整をさせていただきますのでよろしくお願いします。

③見学・体験を実施いたします。
※特にご準備するものはございません。お気軽にお越しください。

④ご希望の方は、後日選考にすすんでいただきます。

オススメの記事

スタッフブログ

海苔シーズン到来

宮城県や千葉県ではすでに開始していましたが、今週から九州有明海でも海苔の摘採がスタートしました。 この時期はすべてのお客様の機械が順調に乾海苔の製造をおこなえるように全社を挙げて取り組んでいます。生産がピークを迎える夏場とはまた違った忙しさと緊張感により社内も慌ただしくなっています。 [caption id="attachment_625" align="alignnone" width="1024"] [/caption][caption id="attachment_626" align="alignnone" width="1024"] [/caption] 弊社の製品である「全自動乾海苔製造装置トライスター」から乾海苔が1枚ずつ製造されています。一時間当たり4,000枚から大型の機械になると10,000枚近くの乾海苔を製造することができます。 [caption id="attachment_627" align="alignnone" width="1024"] [/caption][caption id="attachment_628" align="alignnone" width="1024"][/caption] 乾海苔は出荷されるときは10枚を二つ折りにして、それを10組まとめて1束にします。 [caption id="attachment_629" align="alignnone" width="576"] [/caption][caption id="attachment_630" align="alignnone" width="576"][/caption] その後、36束(乾海苔3,600枚)を箱に詰めて出荷します。 乾海苔の仕上がりは海苔原藻の品質や外気の温湿度、加工場の給排気管理等のさまざまな要因によって変わるため、そのお客様にあわせた機械の調整が必要です。お客様に満足のいく乾海苔を製造してもらえるように24時間体制でバックアップしています。 お客様に「タケシタの機械やけん良い海苔ができた!」と言っていただけるようにこれからも頑張っていきます! スタッフ(営)

記事の続きを読む

スタッフブログ

柳川ひまわり園に行ってきました

柳川ひまわり園が今年も開園しています。私が訪問した時も多くの人でにぎわっていました。 7/19(金)~8/4(日)までなのでもうすぐ閉園してしまいます。まだ行かれていない方は今週末に行かれてみてはいかがでしょうか? ↑環境整備協力金のお礼でひまわりの種をもらいました♪ また、ひまわり園の近くでは今年新しく共乾施設が建設中です。(当社の機械も納品予定です!) 現在杭工事の真っただ中でした。ひまわりだと種を蒔いている時期でしょうか。海苔が採れる頃にはこちらも満開になるように、私たちも機械の製造を頑張っていきます! 柳川市の公式ウエブサイトはこちら 第21回柳川ひまわり園 スタッフ(営)

記事の続きを読む