このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

ブログ

竹下産業のものづくりに対する想いや、柳川市について掲載しています。

スタッフブログ

第2回「健康経営」セミナー

第2回「健康経営」セミナー

4月の安全衛生委員会の中で、昨年、9月から数えて2回目のアクサ生命様による「健康経営」セミナーを開催しました。
内容は、2023年度も健康経営優良法人の認定を受け、社員達がより一層「健康経営」への理解を深める事、また、2月に実施した「健康習慣アンケート」結果に対する評価(フィードバック)をお話頂きました。
アンケート調査結果から、現在の健康に対する取組状況や意識傾向が数字になって表れるため、現状を把握し、今後、どのような取組をすれば今よりも改善されるのか大変参考になりました。
ありがとうございました。

オススメの記事

スタッフブログ

海苔シーズン到来

宮城県や千葉県ではすでに開始していましたが、今週から九州有明海でも海苔の摘採がスタートしました。 この時期はすべてのお客様の機械が順調に乾海苔の製造をおこなえるように全社を挙げて取り組んでいます。生産がピークを迎える夏場とはまた違った忙しさと緊張感により社内も慌ただしくなっています。 [caption id="attachment_625" align="alignnone" width="1024"] [/caption][caption id="attachment_626" align="alignnone" width="1024"] [/caption] 弊社の製品である「全自動乾海苔製造装置トライスター」から乾海苔が1枚ずつ製造されています。一時間当たり4,000枚から大型の機械になると10,000枚近くの乾海苔を製造することができます。 [caption id="attachment_627" align="alignnone" width="1024"] [/caption][caption id="attachment_628" align="alignnone" width="1024"][/caption] 乾海苔は出荷されるときは10枚を二つ折りにして、それを10組まとめて1束にします。 [caption id="attachment_629" align="alignnone" width="576"] [/caption][caption id="attachment_630" align="alignnone" width="576"][/caption] その後、36束(乾海苔3,600枚)を箱に詰めて出荷します。 乾海苔の仕上がりは海苔原藻の品質や外気の温湿度、加工場の給排気管理等のさまざまな要因によって変わるため、そのお客様にあわせた機械の調整が必要です。お客様に満足のいく乾海苔を製造してもらえるように24時間体制でバックアップしています。 お客様に「タケシタの機械やけん良い海苔ができた!」と言っていただけるようにこれからも頑張っていきます! スタッフ(営)

記事の続きを読む

スタッフブログ

“ふるさと柳川を美しく”一斉美化清掃実施致しました!!

7月20日(月)曇天の梅雨空の中、“ふるさと柳川を美しく”一斉美化清掃を実施しました。 当日は、今期最高の気温を記録し、蒸し暑い中、熱中症に気を付けながらの作業となりました。 さぁ、 これから暑い中、気合を入れてがんばるぞ!! 水路清掃担当は、ゴム製の胴着「ダバ」に着替えます。 清掃箇所は、3か所です。どこもかしこも頑固な雑草が生い茂っています。 【写真2-1】①工場東側(焼却炉裏)の用水路 【写真2-2】②工場南側(壁面絵画周辺) 【写真2-3】③龍外科医院前の所有地 【写真3-1】暑い中、慣れない「ダバ」を着て、水草を一生懸命にもぎ取り取ります。 【写真3-2】腰を落として、ただひたすら手刈りをがんばります。土が乾燥しているので、引き抜くにはなかなかの苦労です。 【写真3-3】電動草刈りで、次々に頑固な草を刈っていきます。 【写真4-1】日中、一番暑い中での作業時間約4時間、それぞれの持ち場でみなさん、頑張りました。こんなに綺麗になりました。   【写真4-2】 【写真4-3】 雑草は、あちらこちらで生えていましたが、思っていたよりゴミの投棄は少なかったように思います。 定期的にお掃除をして綺麗にすることで、道路を利用する人、周辺の住民の方の意識も変わり、美化に努めていけるのではないかと思います。 最後に個人的な感想ですが、お掃除活動は暑い夏だけは避けて頂きたいと思います。みなさん、熱中症の危険とも戦いながらの作業でした。 スタッフ(総)

記事の続きを読む