このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

ブログ

竹下産業のものづくりに対する想いや、柳川市について掲載しています。

スタッフブログ

えきまえテラス柳川

えきまえテラス柳川

西鉄柳川駅西口では2020年1月19日(日)までの期間中、イルミネーションイベント「えきまえテラス柳川」が開催されています。

無数のLED電球をはじめ、ランタンや竹灯籠などで柳川駅西口をライトアップしています。

駅構内もライトアップされていて、とても綺麗でした。

点灯時間は18:00~23:00です。
柳川駅を訪れた際には観賞してみてはいかがでしょうか?

公式ホームページはこちら

スタッフ(営)

オススメの記事

スタッフブログ

5/16に第一回会社説明会をおこないました。

5/16に第一回会社説明会をおこないました。 今回は第一回目の説明会ということもあり、われわれスタッフもまだまだ説明が足りなかった点も ありましたが、少人数ならではのざっくばらんな雰囲気でとりおこなえたと思います。 また体験セミナーとして学生の皆様には実際の開発に用いられる3D-CADで、 スマートフォンスタンドのデザイン(ネーム入れ)をしていただきました。 当社の開発の雰囲気がすこしでも伝わったのであれば幸いです。 さて次回は来週 5/25(木)柳川市の本社にて工場見学会をおこないます。 当社に興味をおもちの方はマイナビのフォームより予約をお願いします。 スタッフ(技)

記事の続きを読む

スタッフブログ

竹下産業お仕事紹介シリーズ ~制御盤の検査~

私たちの製造するトライスターには制御盤という装置がついています。 制御盤とは、計器、スイッチ類を一箇所に集中設備した装置でトライスターの運転や操作は基本的に制御盤で行ないます。 ふたを開くと、中にはたくさんの部品が配置され、配線がされています。 制御盤の配線などは別の会社にお任せしており、受け入れ後に部品やスイッチが正しく配置されているか、それらが正しく配線されているか検査を行ないます。 部品配置や配線の確認後はI/Oチェックを行ないます。 I/Oチェックとはシーケンサの入出力端子からが正しく信号が送受信されているか確認する作業です。 I/Oチェック終了後は表面にキズがついていないか、端子と外装が絶縁されているかなどを確認します。 チェックが終わると制御盤を工場へもっていき、機械に取り付けます。 制御盤を機械に取り付けた後、シーケンサに書き込まれたプログラムが正しく動作しているか、実際にトライスターを動かしてチェックを行います。 無事に動いているようでよかったです^ ^ スタッフ(技)

記事の続きを読む