このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

ブログ

竹下産業のものづくりに対する想いや、柳川市について掲載しています。

スタッフブログ

平成30年11月17日防災訓練

平成30年11月17日防災訓練

平成30年11月17日に竹下産業は防災訓練を行いました。
前日の雨を心配しましたが、当日は晴れて防災訓練日和となりました。

1開会挨拶

2消防車

3消火班1

4消火班2
皆さん真剣に取り組んでいます

5通報班1

6通報班2
消防署員の指導の下、実際に社内放送、消防署に通報を行いました。

7避難訓練

避難訓練終了

8消火訓練
消防署より水消火器を借りて実際に使ってみました。
消火器はほとんどの人が実際に使ったことはなく、良い体験になったと思います。

9可搬ポンプ放水訓練1

10可搬ポンプ放水訓練2
最後に可搬ポンプ放水訓練を行いました。
市に所属している現役の消防団員にやってもらいました。

この日の訓練を通じて防災に対する心構え、対応の方法が勉強になったと思います。

スタッフ(総)

オススメの記事

スタッフブログ

竹下産業お仕事紹介シリーズ ~制御盤の検査~

私たちの製造するトライスターには制御盤という装置がついています。 制御盤とは、計器、スイッチ類を一箇所に集中設備した装置でトライスターの運転や操作は基本的に制御盤で行ないます。 ふたを開くと、中にはたくさんの部品が配置され、配線がされています。 制御盤の配線などは別の会社にお任せしており、受け入れ後に部品やスイッチが正しく配置されているか、それらが正しく配線されているか検査を行ないます。 部品配置や配線の確認後はI/Oチェックを行ないます。 I/Oチェックとはシーケンサの入出力端子からが正しく信号が送受信されているか確認する作業です。 I/Oチェック終了後は表面にキズがついていないか、端子と外装が絶縁されているかなどを確認します。 チェックが終わると制御盤を工場へもっていき、機械に取り付けます。 制御盤を機械に取り付けた後、シーケンサに書き込まれたプログラムが正しく動作しているか、実際にトライスターを動かしてチェックを行います。 無事に動いているようでよかったです^ ^ スタッフ(技)

記事の続きを読む

スタッフブログ

韓国からインターンシップ学生を迎えました

1月22日より竹下産業に韓国から大学生が2名、 インターンシップの受け入れを行いました。 ジン スンファン君とキム ガンミン君です。 期間は2週間と短かったですが、二人とも真剣に講習を受けていました。最初は言葉の壁があり戸惑いもありましたが、 最後の方は何とか意思疎通が出来て良い思い出ができました。             スタッフ(総)

記事の続きを読む